HomePage >> こどもと喘息

喘息の鑑別診断

 喘息と区別しにくい、喘鳴と呼吸困難をきたす病気は喘息以外にもたくさんあります。喉頭(のど)の異常で”クループ”と呼ばれる病気、気道内異物、百日咳、気管支拡張症、心不全などいくつもあります。

 ゼイゼイと喘鳴などが聞かれて「あぁ、この子は喘息だわ」と思われる前に、やはりぜひ医師の診察を受けて下さい。

● 先天性、発達の異常にもとづく喘鳴
大血管の奇形、先天性心疾患、気道の解剖学的な異常、咽頭・気管・気管支軟化症、繊毛運動機能異常
● 感染にもとづく喘鳴
クループ、気管支炎(特にRSウイルス)、細気管支炎、肺炎、気管支拡張症肺、結核
● その他
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、過敏性肺(臓)炎、サルコイドーシス、気管支内異物、肺梗塞、気胸、心因性咳嗽、過換気症候群、気管・気管支の圧迫(腫瘍)、肺浮腫

参照ページ

 喘息の病態 長期管理薬


◎ アンケートにご協力をお願いします。

このページはあなたの問題解決に役立ちましたか?

選択肢 投票
はい 7  
いいえ 3  

◎ 閲覧状態

Counter: 5715, today: 2, yesterday: 3

◎Home >> こどもと喘息


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-23 (火) 23:47:43 (25d)