HomePage >> こどもと喘息

DPIとは

「ドライ・パウダー・インヘラー:Dry Powder Inhaler」の略語です。ステロイド薬などを、粉末(ドライパウダー)にして吸入できるようにした薬です。「ドライパウダー定量吸入器」とも呼ばれています。

吸入ステロイド薬や気管支拡張剤や「吸入ステロイド薬と長時間作用型気管支拡張剤」の合剤など、薬品でもDPI製剤があります。

pMDIと比較したメリット

pMDIと異なり吸気を同期させる必要がないために、容易に吸入できます。スペーサーなどの吸入補助具も要りません。

カプセルやブリスターに1回分のお薬が入っていたり、カウンターがついている製剤があり、残量の把握がしやすいことがメリットです。

代替フロン(ex. HFA-134a)などを用いていないので、温暖化対策に貢献します。

注意事項

吸気速度が速くないと、十分に吸い込むことができず、乳幼児では、使用が困難です。

各薬剤に専用の吸入器があります。環境面への配慮という点で、使用後の吸入器が廃棄物として多い事は、さらに検討なされるべきだと思います。

私の個人的な経験を述べますと、吸入ステロイド薬では、 pMDIの製剤に比べて口腔内カンジダの発生がやや多い気がします。吸入後のうがいの励行を強く勧めます。

代表的な薬剤

関連ページ

pMDI 吸入ステロイド薬 気管支拡張剤


◎Home >> こどもと喘息


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-04 (水) 18:56:56 (3027d)