[Asthma_ML:0095] 2台の吸入器






こんばんは、滋賀の西藤@管理者です。

2台吸入器をお持ちの方が意外と多いものだなぁ、と感じて投稿を読んでい
ます。

糖尿病の患者さんでインシュリンを自己注射されている方は、予備にもう1
本注射器を備えておく事があるようです。喘息の場合、糖尿病の様にその機
器が壊れるとたちどころに生命の危険に及ぶまで大事には至らないのです
が、確かに吸入器が壊れたときの事をちょっと念頭に入れておく必要がある
と思いました。


ところで、吸入器が本当にいるのかどうかは、必ずかかりつけの先生の指示
に従って下さいね。ゼロレベルで喘息を管理することは大切ですが、発作の
ある時だけ使って治めてしまうような使い方だと、かかりつけの先生にはお
子さんの喘息の重症度が把握しにくくなります。

私も外来で患者さんに吸入器をお貸しすることがありますが、その時に「こ
れは小さな消火器だからね」と説明しています。大きな発作はこれで対応は
できないという意味です。大きな火がでたらすぐに消防署に連絡するよう
に、対応できないと感じたらすぐに医療機関に行くつもりでいてください。
いつまでも安易な自己治療を自宅でされていてはいけません。

また機種の選択もかかりつけの先生とよく相談してみて下さい。特性を知ら
ない機種を自宅でお使いだと、診ている先生も勝手が分からなかったり、ア
ドバイスがしにくかったりすると思います。特にかかりつけの先生から機種
の指定がなければ、MLの発言を参考にして下さればよいかと思います。


パソコン通信からインターネットに送信していますから、どのメールにもコ
メントチェーンがつながらないと思います。どの投稿に対するコメントとい
うこともありませんが参考にして下さい。

= Naruo Saito MD, Ph.D =
  * e-mail   : naruo.saito@nifty.ne.jp
  * HomePage : http://www.kodomo.co.jp
= 西藤なるを@こどもクリニック.滋賀 =  <00/04/03 00:54:07>




= Last Refreshed: Thu, 21 Nov 2013 17:23:46 JST =