HomePage医師紹介研究班

2021年(令和3年) 研究協力

 

2020年(令和2年) 研究協力

費用:厚生科研費
課題名:マスギャザリング時や新興・再興感染症の発生に備えた感染症サーベイランスの強化とリスクアセスメントに関する研究
班長:松井珠乃(国立感染症研究所 疫学情報センター)
分担:研究協力者

期間:令和1年4月-令和2年3月(1年目)
期間:令和2年4月-令和3年4月(2年目)


厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)
「百日咳とインフルエンザの患者情報及び検査診断の連携強化による感染症対策の推進に資する疫学手法の確立のための研究」班

百日咳サーベイランスと検査診断方法の評価、DTP追加接種の必要性、効果、安全性の評価の研究

研究分担者 神谷 元(国立感染症研究所 感染症疫学センター)


文部科研費 基盤C 課題番号20K08208
「喘息発作の全国サーベイランスを介した呼吸器感染症の早期検出と流行把握の研究」
研究代表者:埼玉医科大学総合医療センター小児科 是松聖悟


日本医療研究開発機構(AMED) 「新興・再興感染症に関する革新的医薬品等開発推進研究事業」

  • ワクチンの実地使用下における基礎的・臨床的研究およびワクチンの評価・開発に資する研究(班長:菅 秀、研究分担者 中野貴司)

日本医療研究開発機構(AMED) 「新興・再興感染症に関する革新的医薬品等開発推進研究事業」

  • ワクチンで予防可能な疾病のサーベイランスとワクチン効果の評価に関する研究(班長:鈴木 基、研究分担者 多屋馨子)

2019年(令和1年) 研究協力


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-01 (金) 15:50:00 (18d)